中華そば青葉 中野本店

本店に来たのはいつぶりだろうか、かつて西荻窪に住んでいた頃、青葉新味と称した青葉西荻窪店があった。いつのまにか潰れてしまったが、今にして思えば調理するのはいつもマスターだけで、大分ブラックな環境だったのではないかと思う。お別れの挨拶も出来ないまま数ヶ月経ったのち、ふらっと入った中野本店でせこせことラーメンを盛り付ける西荻窪のマスターを見かけた。マスターは気づいてくれただろうか?チラ見するも最後まで声を掛けられないまま、"ご馳走さまマスター、達者でな"と胸中で呟いて店を出た、、、のも大分昔の話だ。

特別本店がうまかったという記憶がない、何故なら西荻窪店の新味が、当時私の中の青葉のつけ麺とインプットされていて、本店の味を受け付けなかったのだ。時は流れて私の記憶は上書きされてしまった、最早西荻の青葉の味が思い出せなくなっている。幾重にも積もる経験の雪がわたしの地面を覆い尽くす、時が流れる度何層も何層も積み重なり、その雪が溶けて春が来るまで地面を見る事は出来ない。土の中には球根が埋めてあったはずだ、髪の毛、手の平、愛の光。わたしには時間がない、最早春が来るまで待てないのだ、情念で雪を溶かせ、突き抜けろ、咲け!はんな(花)ー、はんな(花)ー。。。。子供にあげるミルクの方がまだあったかいのでは?とさりげなく思わせる大らかな母のような優しさこそ、ミシュランを取得した大盛り特製つけ麺だ。チャーシューは足せません、たまごも足せません、足すなら特製頼んでね、これが青葉だ。ネギ?足せません、柚子胡椒?声かけてね、これが青葉だ。つけ麺がぬるい?お客さん馬鹿言っちゃいけないよ、ラーメンも標準よりはぬるいんだぜ、これが青葉だ。そのぬるさは制服×ニーハイの組み合わせくらい説明不要、それが青葉だ。昼時だが並んではいなかった、店員は3名いたが手が空くと同じ方向を向いてボーっと店外を眺めていた。中通りロッテリアでは珍しくバイトが店先で呼び込みをしていた。ひたすらに曇っているだけで雨は中々降りそうにない、嫌な天気だが中野に妙にあっていた。日本の梅雨、つけ麺の梅雨。f:id:OSX:20190703133838j:plain

東京スタイル味噌ラーメン ラーメンダイニングど・みそ

f:id:OSX:20190624141603j:plain

え?デフォルトでチャーシュー入ってないんだ?へー、あ、玉子はゆで卵なんだ、濃厚なんだ?うーん。

f:id:OSX:20190624141644j:plain

オススメの背脂を追加したラーメンのため脂の層が厚すぎて、濃厚と謳っているものの、味がストレートに伝わってこない。そのため脂コーティングされたゆで卵がよりゆで卵感を持って存在していて、ラーメンに溶け込んでおらず、ただの味のないゆで卵を食べていると感じてしまう。ネギの追加は大さじスプーン一杯ほどだろうが値段に見合ってない。チャーシューの持ち帰りまでやっているのに、通常のみそらーめんに入ってない。など食べログ3.7としては大分ツッコミどころがある店だと思う。とはいえ食べ進んで行くと脂も減って、ようやく普通のみそらーめんに辿り着く。麺はデフォルトで固め、赤味噌っぽいブレンドなのかビジュアル的にもみその味的にもどこかはっきりしない味に北海道の人は首をかしげるだろう。だから東京スタイルなのか。

やはり個人的に引っかかったのはチャーシューだ。ラーメンにはデフォルトで入っていなければそれは最早ラーメンではない。ただのスープソバだ。780円の中でチャーシューが入らないのであれば、刻んだクズチャーシューとか、麺の量を減らすとか、具を減らすとかして努力して対応をすべきだと思う。味噌だからもやし入ってるしボリュームあるように見えるしいっかあと、とく味噌ラーメンにしてね♡と商売っ気をまじまじと見せつけられて何だか嫌だ。何が言いたいかというと食べログの評価は大いなる過大評価、ここより美味しい味噌ラーメンは沢山ある。780円でチャーシューが入ってる味噌ラーメンが。

五つ星淡路町/小川町駅

夕方という時間はサラリーマンも子供もヤクザもホームレスも平等に訪れるセンチメンタル(小腹が空く)タイムだ。何か手頃な食べ物はないかと彷徨うのだけれど、あまり適していないであろうラーメン屋に入ってしまうのは小デブの罪で、小盛りを選択してしまうのは小デブの免罪符であろう。しかしチャーシュー盛り盛り写真を見てみるとそうは言ってられなくて、ついついはみ出してしまう。


f:id:OSX:20190527073300j:plain


:五つ星淡路町/小川町駅

頼んだやつ:チャーシュー麺920、別日並ネギ増し760

ランク:9/10

総評:

飲んだ後や2日酔いに効く牛骨ラーメン。

若干塩味が強め、置いてあるたくあんみたいな漬物が凄くうまくて、パリポリ食べちゃう。


f:id:OSX:20190527073342j:plain


チャーシューにするとこんな感じ。夢があるよね。

酔っ払っいように麺の多さが色々選べるが、スープがなくなり次第終了らしく、何回か夕方に行ったら閉まっていた。ので2日酔いの朝に。



先程食べログをみたところ現在は閉店している模様、back numberのボーカルがブラをつけてポージングしているのを見たときくらいのショックを受けてます。

武道家 東陽町

この店は体育会系である。大きな声で気合いが入ってて、元気で宜しい。が、それと"接客が良い"とはイコールにならない事を、私は強く主張したい。恐らく忘れてたのか中々来ないラーメン、しばらくして気付いたのか、気合いの入った大きな声で、ネギ増しでしたっけ!?そうだと告げると謝りもせずに作り出し、そしてお待たせしましたの一言もせず着丼。一緒に着席した人はもう食べ終わろとしていた。肝心のネギは増されたのか増されていないのかもわからないくらい微増だった。それ以来ここではネギ増しをオーダーしていない。カウンターには家系ラーメン屋に良くあるこうして食べようぜ的な案内と共に、食べた後は丼をあげといてねと書いてあったが、あげなかった。紳士のたしなみだそうだ。大人げないが、しょうがない。ラーメンはうまい、ラーメンに罪はない。写真はそのオーダー忘れ去られ事件から数ヵ月後に撮ったものだ(のりまし)ラーメンは美味かった。


f:id:OSX:20190527070748j:plain


f:id:OSX:20190527070827j:plain

店:武道家 東陽町

頼んだやつ:のり増し

ランク:7/10

総評:

濃厚家系に分類、武蔵家に似ている(名前も)、武蔵家が似ているのか。

ラーメンはうまい、ラーメンに罪はない。

黒須 神保町

三流役者が偉そうに!と坊主の作家が佐藤浩市さんに啖呵を切っていたが、この人はとあるYouTubeのネットニュース番組で、韓国人を馬鹿にした自分の本を紹介して、韓民族をこき下ろして出演者みんなで笑い者にしていた。徹底的に見下したその態度に、なんて"偉そう"な差別主義者なんだと感じた事を思い出した。

今後俺の作品には出させないとまで言いきっていたが、今さらこの作家の作品に出なくても、佐藤浩市は既に一流なので問題ないだろう。驚くべき事にこのクソみたいな話に同調するアホが相当数いる事に辟易している。このままいけば日本も遅からず笑い者している韓国人から笑われる立場に追いやられるだろう。


f:id:OSX:20190515130421j:plain


神保町フラつき歴10年だがここは知らなかった。一番高いものには味玉が入ってる教の信者だが、ここは違うらしい。追加で頼もうと思ったが恥ずかしくて、言えなかった。

値段は高いが相応と感じる、チャーシュー過多だが崩れないバランス、三つ葉いいね。心地いい接客、スープは残す派だが危うく全部飲みそうになった、少しだけ残ったスープは最後まで温かい。ああ、これがラーメンだよね。中野の人に食べさせたい、ミシュランを返上してほしい。


:黒須 神保町

頼んだやつ:一番高いやつ1,180

ランク:9/10

総評:

これ以上の物は中々ないと思う、他にも塩や隣はチャーシュー丼を頼んでた(美味しそうだった)

青葉 飯田橋店

熱い食べ物や飲み物は食道ガンのリスクを増大させるそうだ。熱い飲み物を飲む風習のある地域では食道ガンの確率が高く、それは科学的にはかなりの精度で"確実"だそうだ。

表立っては公表をしていないが、青葉は全社をあげて取り組んでいるに違いない。検証はこれからとなるが、既に答えは出ているだろう。

 

f:id:OSX:20190509133349j:plain

 

:青葉飯田橋

頼んだやつ:特製つけ麺950

ランク:7/10

総評:

目の前のでっかいビジネスビルの皆様を相手に、最早食する事で診療をしているレベルのぬるさである。どうしても食べる頻度の高い府中店が基準となってしまうのだが、少々味が濃く、麺はずっと少なかった。

それでも青葉は青葉である、一回950円の、保険の効かない診療なのだ。

青葉 府中店

つけ麺が食べたい、つけ麺が食べたい。

最近あったかいから、あの常温のつけ麺が食べたい。

スープが熱いと喉と食道に良くないからって、マスターいつも気遣いをありがとう。

麺を半分食べた頃には麺とスープが同じ温度になって、邪魔するものは何もないんだよ。

f:id:OSX:20190509125909j:plain


:青葉府中店

頼んだやつ:特製つけ麺950

ランク:7/10

総評:世の中に絶対なものがあるとすればそれは青葉のつけ麺である。出された直後にスープを一気飲みしてもやけどはしないであろう、絶対に。